CONCEPT

時間はかつて、私たちの生活における根本的な要素であった。 それは目に見えない流れのように、私たちを導く潜在的で自然な鼓動であった。 しかし今や時間の意味は、中立的な要素を失い
私たちの精神を支配する普遍的な規則へとシフトした。 多様化したデジタル社会で生きる私たちは
人間と時間との関係を、複雑で不明晰な仕方でしか認識できなくなっている。 一秒ですら無駄にできないという錯覚すらおぼえる。 TIMONのコンセプトは純粋でシンプルである 「人間を時間の拘束から解放すること」 この木の球は、時間についての人間の記憶を翻弄し
物理の法則を否定するようにゆっくりと斜面を転がっていく。 その動きは私たちの想像を超えて、どこか懐古的でアナログな情景を創りだす。 TIMONが提案するライフスタイルによって、私たちは時間の価値を再発見するだろう。




自分だけの時間を作り出す時間の家具

ON WALL TYPE

高級なホテルや旅館では、時間を気にせずにリラックスできるよう時計が無い。 また、我々はリラクゼーションを求め非日常空間である山や海などに足を運びます。 しかし、果たしてそこに行かないと我々はリラクゼーションできる環境は手に入らないのだろうか?  いつもと同じ空間でありながら、時間の流れを変える事でが出来れば、非日常的なアナログな空間を作り出すことは出来ます。 時間に拘束された社会から帰宅し就寝までのひと時、または時間を気にする事が無い休日などは、時刻で行動を決めるのでは無く 時間から解放された自分だけの空間で、ゆったりとした時の流れを感じてください。
Model : T-WALL001
Size : W1190mm×H91mm×D37mm

ゆっくりと流れる「ひと時」を楽しむオブジェ

ON TABLE TYPE

焚き火や湯気、クラゲなど、我々人間はゆっくりと動く物に自然と癒しを感じます。 このTIMONは、ゆっくりと時が流れる様子を目で楽しませてくれるオブジェです。 長年、無意識に体に擦り込まれてきた時間のリズムがほんの少し変わる事で、芽生える新たな感性。この感性で世の中を見渡すと今まで見えてこなかった様々な発見があることでしょう。 木の球が物理の法則に逆らい、まるで意識を持ったかの様に面の上をゆっくりと転がる時の流れをお楽しみください。
Model : T-TABLE001
Size : W450mm×H85mm×D105mm

DEVELOPER

我々のモノ作りのコンセプトは、物を作るのではなく その物によって、ライフスタイルに新しい価値を生み出すことを意識した、モノづくりをしております。 今回我々が掲げたプロジェクトテーマ「時間」でした。 時間とは我々が生活する上で、密接な存在過ぎて時間の存在を疑う事をしてこなかったが その時間の概念がほんの少し変わる事で、新たな価値や新たなライフスタイルが生み出されるのでは。と考えました。 様々なことがデジタル化され、時間に追われる日々の中で、アナログな時間軸で過ごす事が出来ないだろうか? 部屋を自分の好みの明るさに調整する照明。部屋を快適な温度にするエアコン。 の様に、部屋を自分だけの時空間にする物。という新たな家具を作ろうと考案いたしました。 時計の時刻で生活を送るのではなく、自分だけの空間に自分だけの時が流れるライフスタイル。 そしてゆっくりと時間が流れる空間の中で、自分にとっての「時」を考えてみる。 時間は、非常に哲学的で様々な発見とちょっとした興奮(感動)を与えてくれます。 今回のプロジェクトは、アナログという事にこだわり、電力を一切使用せず非常識な動きを実現させる為 日本の職人の技術や大学教授と共に制作いたしました。

見延 大志 & 池田 茂樹

Subscribe to TIMON newsletter

Contact Us